診療内容

頭痛

あなたはこんな頭痛症状で悩んでいませんか?

 

☑脳の精密検査を受けても異常がないのに、長年頭痛に悩まされている

 

☑頭痛が起こると痛み止めを服用する事が、当たり前になっている

 

☑頭痛は治るものではなく一生付き合っていくものと諦めている

 

☑雨が降った日や飲酒後、めまい・吐き気を伴うズキズキした頭痛が起きやすい

 

☑痛み止めを飲まないと、頭の痛みで吐き気がして立っていられなくなる

 

☑動いているとマシだが、じっとしていると頭がズンズン痛む

 

☑朝起きた時からガンガン痛む頭痛が毎日続き、不安で仕方がない

 

☑長年、片頭痛に悩まされてひどい時は起き上がれず家事もできない

 

頭痛とは?

一般的に機能性頭痛(慢性頭痛)は3つに分類されます。
①緊張性頭痛:肩こりや首こりに代表される筋肉性の痛み(80%)
②偏頭痛(血管性頭痛):脈を打つように「ズキンズキン」と痛むのが特徴(19%)
③群発性頭痛:片側の目の奥をえぐられる様な激しい痛みが特徴(1%)

頭痛②

私たちが頭痛と呼んでいるものはほとんどが、緊張性頭痛か片頭痛あるいは両者の特徴を兼ね備えた混合性頭痛となります。
ということは80%の頭痛が肩こり治療で治る事が事実として挙げられます。

 

肩こり治療は簡単ではありませんが肩こりにしっかり対応出来れば頭痛のほとんどが治る事実は、慢性頭痛で薬が手放せない患者さんには朗報です。

 

残る問題は偏頭痛にどのように対応するかです。
当院では偏頭痛に対しても肩こり治療が密接に関わっていると考えます。
緊張型頭痛と偏頭痛の肩こりパターンは異なり、特に偏頭痛特有の肩こりは深い場所に隠れている事が多いです。

 

この隠れたこりは痛い所に存在しません。

 

まれに、偏頭痛は血管が拡張して起こる事から、鍼灸で血行の流れを良くしたら悪化するのでは?と考える患者さんもおられますが、実際はそのような事は起こりませんのでご安心ください。人間の身体は急激な変化が起こらない様に常に「恒常性」を保つように機能しています。

ツボによる作用は身体を無理矢理変える訳では無いので、この恒常性の機能に上手く働き、血管も同様、身体の状態に合わせて収縮拡張してくれるのです。

 

血液

 

まとめて肩こり治療といっても痛む部位や動作・時間帯・季節等、原因は一人一人異なりこの原因に迫っていく事が肩こり治療の本質です。この原因を追及できる術の一つが、身体全体を診る事が出来る鍼灸(はりきゅう)だと考えます。

 

肩こりは骨格的な面でも内臓の不調でも起こりえます。
内臓からの影響も考慮しながら原因を追及する頭痛治療は総合治療であるといえます。

当院が考える頭痛の主な原因

①肩こり、②首こり

一般的に機能性頭痛(慢性頭痛)の80%は①緊張性頭痛と呼ばれる肩こりや首こりに代表される筋肉性の痛みであり、80%の頭痛が肩こり治療で治る事が事実として挙げられ頭痛が起こる一番の原因と考えます。

肩こり

③外からの害になる刺激(外因)

風・寒・湿・熱など自然の気候が身体の受け入れ状態によって悪い影響を受ける事が原因となります。特に頭痛は外因からの影響を受けやすいといわれます。

④体内の異常(内因)

・体質的に過剰な水分を溜めこむ方
・気ぜわしい、ストレスを感じやすい方
・胃腸が弱く元気のない方
・生理痛の強い方
・ご高齢者 等が原因として挙げられます。

⑤全身を巡る経絡(身体を流れる気血水の通り道)の滞り

清らかな「気血水」が身体を滞りなく巡る事で身体の機能は維持され、頭部を巡る「気血水」の流れが塞がれる事が頭痛になる原因と考えます。

※①∼⑤は影響し合う事が多いです。

治療方針

①全身を診る

当院では全身の気血水の巡りを整えながら頭痛の改善を目指します。

何が塞いでいるのか?

なぜ塞がれているのか?

これらを考える事が治療方針に繋がります。

②身体の癖が原因

その中でも特に頭が痛い場所、首・肩の動き・こりを念入りに観察します。

頭が痛いからといって頭に鍼をする訳ではありません。

 

痛い所は発現点であって原因点では無い事がほとんどです。

 

その原因となるツボを全身の中から見つけ出し、そこに鍼灸をおこないます。

病院の検査で原因不明・治らないと言われる状態でも、身体の癖に原因があります。

その癖を見つけ出し解決できる事が、触診を大切にする当院の強みです。

③少ない鍼の本数

使用するツボは主に手(肘から下)、足(膝から下)、背中~腰で、鍼も少数(3-7本)です。

鍼が苦手だと思っている方でも安心して受けて頂けるよう、心掛けております。

ツボを絞り込み、鍼の本数を出来る限り少なくする本当の目的は、効果が分散されない為です。

ツボへの刺激は例えるなら身体へのメッセージです。

 

HP用

 

たくさんの身体への要望は、逆に混乱を招きどれも中途半端になってしまいます。

毎回の治療では、明確にその時必要な事を必要な分だけ伝えた方が、身体は気持ちよく応えてくれるのです。

「クスリで治らない」と
「医学で治らない」は別もの

病院で「治らない」と言われても、それは「クスリでは治りません」という意味で、「医学で治りません」という訳ではありません。

 

薬物中毒

 

諦める必要は決してありません。

 

鎮痛剤を少しずつ手放していく勇気と覚悟が必要になりますが、本当の原因をあなたの身体から見つけ出し、「治るかもしれない」という道筋を示す事が当院の最初の仕事であると考えます。

 

ゆっくりと確実にあなたの手を引いていける様、最善を尽くす事をお約束致します。

現代医学の治療薬

日本の薬局で頭痛薬は一番多く売れているお薬です。

 

慢性頭痛は精神的、心理要因が引き金になっている事が多いので、単なる鎮痛だけでなく同時に精神安定剤、筋弛緩剤が併用されています。

時には抗うつ薬を継続して内服する事により頭痛の回数を減らす事が可能な時もあります。

 

又、血管収縮剤や神経伝達物質であるセロトニンが頭痛に関係していると考えられているので、各種のトリプタン系薬剤が頭痛の治療薬として処方されます。

患者様の声

おばさん笑顔
宝塚市
女性 60代

【2017年8月】
今まで整体など数々の治療を受けてきましたが、先生に出会って治療して頂くことができ、本当に良かったです。
私は年齢60を過ぎて色々な症状が出てきて、特に職業的に首・肩・頭にかけての痛み、腰から足にかけての坐骨の痛さも加え、時々胃が痛くなるなど身体のバランスを取るのが自分でも難しく、そのときに紅露先生に施術して頂くと不思議と身体全体が気持ちよく痛みも引いていきます。
術後は身体の動きも楽で嬉しくなります。
母と共にお願いしていますが母の足の痛みも消えて喜んでおります。
いつも先生には呼吸を教えて頂いてなるべく心掛けるようにしています。
先生の治療の不思議さを感じています。それと同時にはりきゅうの素晴らしさも感じています。

男性笑顔
宝塚市
男性 30代

【2017年6月】
長年頭痛に悩まされていました。
多い時は週に2~3回、少なくても週1回はなるので頭痛薬が手放せない状態でした。
病院に行き脳の精密検査を受けたりもしましたが異常はなく、生活習慣が原因ではないか?との診断で治療方法も見つからず諦めていました。
紅露先生にお会いし、現在2度の治療を受けましたが、多かった頭痛がかなり減り、今では月1回程度でかなりびっくりしています。
「頭痛は治るものではなく一生付き合っていかなければならないもの」と覚悟していましたが、こんなに早く治るとは思わなかったです。
とても居心地のよい医院でまた違和感を感じたときに通わせて頂こうと思います。

若い女性会社員笑顔
伊丹市
女性 20代

【2016年9月】
落ち着ける空間で変わった本やオブジェもあるので、夫と交代で治療をしてもらうときの待ち時間も退屈しません。
先日肩と首が全く回らなくなったので診ていただいたのですが、とても丁寧に診てくださりすぐに肩も首も回るようになりました。
さすがにその日のうちには良くならないだろうと思っていたので、本当に助かりましたしこんなに良くなるものかと驚きました!
治療後も経過を気にかけてくださいますし、2回目以降の治療も1回1回丁寧に診てくださいます。
症状を伝えたらいろいろ考えてくださったり、教えてくださったり、ありがたいです。
お話を聞いたり治療を受けたりする中には長年の身体の悩みにつながることもありびっくりです!
今後もぜひお世話になりたいと思える院長と空間です。
【エキテンレビューより】

エプロン女性笑顔
宝塚市
女性 40代

【2016年8月】
先生すごい!今までにない治療法でした。
脈、舌の状態を何度も診て、矯正、鍼治療…一つ一つ丁寧に診て頂きました。
鍼治療と聞くと、極度に痛み恐怖を感じる私でしたが、自分でも驚く程リラックスできました。
私はひどい肩こりと首痛おまけに偏頭痛持ちで、すがる想いで駆け込みました。
治療を続けたことで身体全体が軽く楽になり頭痛を感じる頻度が激減しました。
本当にありがとうございました。
【Facebookレビューより】

宝塚市
女性 40代

【2016年6月】
ギリギリまで頑張ってしまった重たい疲れや急性の痛みまで、気軽にお世話になりやすい所です。
先生自身がハリの痛みが苦手との事で、痛くないようにハリをしてくれます。
いつもありがとうございます。大変助かっております。
【Facebookレビューより】