ブログ

第1回呼吸養生塾(2週目)、開催しました

2018-06-23

先週に続いて、新規枠の呼吸養生塾を開催しました。

年齢層が10代、30代、50代、70代に別れた今回は、前回とはまた違った雰囲気で、ワークに対する問いに対して1人1人の感じ方がさらに繊細で、色々な違った意見が飛び交い、私も非常に勉強になりました。

 

10代の意見に70代の方が納得し、50代の方の動きを30代が参考にして取り入れる。世代を超えたコミュニティは今回も健在。

 

前回今回共に、面白いことに隣同士になった方の感じ方が被りやすい説が浮上しました。引き続き検証する価値がありそうです。

 

今回も全員が来月以降の参加を表明してくださり、嬉しい限りです。

 

028FC703-527E-49AA-8B10-E5F022C828BD

 

前回と話す内容を変えた点は、2点。

 

1点目はなぜ呼吸の世界を学ぼうと思ったのか、学んだことで何が変わったのか自分の体験談と、呼吸養生塾を開こうと思った自分の想いを話した点です。

 

理由はただ話したい気分だったから。笑

 

もう1点はワークに入る前にいれた導入部分を、終わりに持ってきた点。
これも単純に皆さんの雰囲気がどう変わるのかなと知りたかったからです。
結果としては前回の方が良かった印象がありますが、クライアントさんにもこのことをお伝えして、ご自宅でやってみたときの感じ方に違いがあるのかを、一緒に学べる機会になりました。

 

初めの呼吸を学んで何が変わったのかという話に戻りますが、1つの変化にこの柔軟性が変わりました。

少しずつ気分で遊べるようになってきたということです。

 

人生を豊かにするために、喜怒哀楽の気分が人間には備わっているはずです。

ですが現代ではこの気分に人は左右され、身体にとってもマイナスに働く機会が増えているように思います。

 

あまりピンとこない方も多いかと思いますが、環境など外的要因によって左右されず常に自分でいられることは、個人的にすごく充実した世界に感じています。

 

これは私がお世話になる森田敦史先生が入り口を共有してくださった世界であり、呼吸を日常に落とし込み身体の言い分を高めていくことで、養われていく点です。

 

今後1人でも多くの方とこの世界を共有し、ご縁を頂けた方の豊かな人生を歩む一助になれるよう、活動していきたいです。

 

35A54A3C-75B1-46AD-B231-6468E5E63BE1

 

前回に続いてになりますが新規の受付はひとまず7/8(日)が最後になると思います。

定員4名の残り1枠。

呼吸の世界を体感してみたい方は、お気軽にご参加ください。

 

7月呼吸養生塾の予約フォームはこちら