症例の紹介

【頭痛】症例4:斜視手術後、目の奥が痛む

DATA

患者: 女性 50代 伊丹市
来院: 2016年6月
鍼灸の経験: なし

症状の特徴と経過

3年半前から様々な病気で辛い経験をされ、現在は抗甲状腺薬のメルカゾールと去年11月に患った逆流性食道炎が再度発症しないように胃薬を服用。今年斜視の手術をしてから首・肩が左に動かせない、左手のこわばり・痺れ、頭痛、めまい、不眠、耳鳴りが慢性化し、目の奥の痛みが特に辛い。
マッサージや接骨院で治療を受けるが辛い症状の改善には至らず、治療法を探していたところ、息子さんのご紹介を受け連絡を頂く。外に出るとめまいがひどくなり車の運転も出来ないので、夜最後の時間枠に週1回のペースで訪問治療を始める。

4E9D8349-F261-4639-B117-569AB412D200

治療の内容と経過

上半身に偏った様々な症状が混在しているが、中心は心臓の血流障害と考えた。
肩・首の動きを良くして上半身の気血の循環改善を目指すために動作確認をすると、両側屈・左回旋・後屈の動きで左肩・首に引きつる痛み。

【1診目】背中のツボ3ヶ所と、首の骨の動きを良くする手首のツボに鍼をおこなう。その後、上半身の連動性を高める活法手技を3手追加。
施術後、右側屈時の左肩の引きつる痛みは残るが、他の動作痛は消失。目の奥の痛みも緩和。1週間後、経過を尋ねるといつもより熟睡感がある日々が過ごせ、症状は肩首痛以外は軽減。

【2診目】同様の施術をおこなうも3日後、嘔吐感が出現。
一度、頭痛外来がある病院に行って頂くようお願いし、事前に先生に症状説明のご連絡をしておく。
処方されたお薬は、めまいを改善するセファドール片頭痛予防のデパケン。目が原因だろうと診断される。
薬を服用して肩・首の痛みは緩和されたが、日中の極度の眠気とだるさ・上下に揺れるめまいが起こり2週間後、セファドールの服用は中止。

【3~7診目】1ヵ月半後の5回目まで同様の施術により、耳鳴りが取れ、睡眠の質も上がり首の可動域もほぼ左右均等に動かせる。2ヶ月後の7回目、薬の服用は終了し、外出も積極的に出来るようになる。
最初に訴えていた症状もある程度緩和されたので、目の奥の痛みは残るが経過観察してみようという考えが一致し、一度ご卒業頂く。

同時に治療した症状 首・肩こり、めまい、不眠、耳鳴り
使用した主なツボ T4(1)L、列缺L、内関R、膻中、三陰交R、懸鐘L、陰谷LR、項強L、大骨空LR

考察

様々な症状が緩和され目の奥の痛みは残ったが、日常生活は問題なくおこなえるので一度経過観察してもらい、ご卒業頂いた。踏み込んだ施術が出来る手段が見えてきたので、もう一段階改善出来るよう煮詰めていきたい。