症例の紹介

【足の痛み】症例3:足の甲が痛くて歩けない

DATA

患者: 男子 高校生 宝塚市
来院: 2017年11月
鍼灸の経験: なし

症状の特徴と経過

マラソン大会当日、走っているときに足の裏に違和感を感じる。完走後のサッカー練習中、ボールを蹴ったときに足の甲に強烈な痛みが走る。帰宅するときは自転車のペダルを漕ぐだけで足の甲・裏が痛い。
整形外科に行くと「第1中足骨疲労骨折」と診断を受け、2週間の安静指導を受ける。
1日でも早く練習復帰したい思いから、ネットを見て症状が出た翌日に来院。
540C62C9-235D-434B-8C56-5C97DD61DA22

治療の内容と経過

まずは歩けるようになることを目的に、炎症の緩和・足の裏の硬くなったところを緩めるツボをふくらはぎに求める。
直後足の裏が柔らかくなったこと、歩くときの痛みが軽減したことを確認して施術を終える。

【2〜4診】週3回

痛みの頻度・度合い共に減っている。

5日後、経過良く日常生活に支障が出ないようになっているので、ランニングを開始。

2日後、足の甲の局所痛のみ残りボールを蹴ると痛い。

動きを改善して残る疲労骨折の局所痛は、超音波の方が優位性があると考え、友人の接骨院を紹介。
お母さまの通院されていた接骨院が近くにあるということで、そちらに行ってもらう。

3日後、LINEにて経過を確認すると1度の超音波で足の甲の痛みは改善。ボールも普通に蹴れている。

3週間後違う症状で来院されたが、足の痛みは無かった。

同時に治療した症状 首痛
使用した主なツボ 後谿R、地機R、三陰交R、T11(1)R

考察

足の痛みによって起こる二次的な代償動作を防げたことが、すみやかな改善に繋がったと考える。
今回のように、患者さんにとってより良い選択肢を提案できる存在でありたい。