症例の紹介

【喘息】症例4:夜に空咳が止まらず眠れない

DATA

患者 女性 15歳 宝塚市
来院 2018年8月
来院回数 2回

症状の特徴と経過

母親の長引いた咳風邪が感染し、喘息症状が発症。約2週間シングレア錠と吸入器を使い続けるも、良くならない。夜中喘息がひどくなるので、睡眠時間が平均4時間まで短くなっている。
部活動も夏休み期間は1日中練習で、無理をし続けたところ限界を感じる。
翌日演奏会の本番を控えた状態で以前通院していた当院へ来院。

2D0A5562-7E36-4600-AEFD-33B1C551D85A

治療の内容と経過

長期間の咳により右肩、のど周辺の筋肉、お腹の緊張が顕著に強くなっていた。
ふくらはぎに鍼をして緩めると、右肩の緊張が緩和。
両腕のツボは喉へ、下腹部を使った自然な呼吸ができるように足に鍼をおこない仕上げた。
施術後「深呼吸ができるようになった感覚」を得てもらう。

2日後の2診目、「演奏会本番に気持ちよく演奏できた」「施術当日、翌晩7時間睡眠が取れた」
今朝咳き込みがあったので前回同様の施術に、喉周りの緊張を緩和させるため頭の鍼を加えた。
後日お母さまからのLINE予約時近況を伺うと、あれから咳は出ていないようである。

507CC883-73D4-4BE5-AAC0-189B334E7A6D

※LINE内容の掲載は、患者様の許可を得ております。

同時に治療した症状 嘔吐感
使用した主なツボ 飛陽R、築賓R、温瑠RL、上巨虚R、三陰交R

考察

喘息は背中・喉周囲、お腹に特有の緊張が出やすい。
咳をいくら抑え込んでも身体の特有な緊張は取れない。
鍼の施術はピンポイントで特有の緊張を緩めることができるので、喘息で苦しむ方にとっての一助になれるはずである。