症例の紹介

【不眠】症例5:気性が激しく、夜寝つきが悪い

DATA

患者: 女の子 6歳 宝塚市
来院: 2017年10月
鍼灸の経験: なし

症状の特徴と経過

お兄ちゃんの喘息が当院で緩和したことがきっかけで、娘さんのご相談も受ける。
落ち着きがなく、気性が激しい。度々の兄妹ゲンカ、円形脱毛も見受けられストレスを抱えているのかなと気になっている。
喘息症状も重なり夜は寝付きが悪いので、朝起きられない。
4ヶ月前の転倒による胸椎圧迫骨折の疑いから、背中が今も痛く、右の中指は鉛筆・チョークを強く持ち過ぎているのか、バネ指症状が出て気になる。

32A864B4-0A77-4F27-BF84-908715F96B74

治療の内容と経過

全ての症状の原因は背中の強い緊張にあると考えた。

初診は極度のこそばがりから身体が敏感になっていたので、背中・膝裏の緊張を取る目的で小児はりを用いた。

【2〜5診目】週1回
2回目の時点で、靴箱から靴を取り出すとき痛かった背中の痛みがほぼ消失。
首周囲・お腹の鍼は気持ち良いと感じるように。

3回目背中を小児はりで無理なく触れるようになり、眠りについてくれた。バネ指と関連のある背中のツボに鍼をおこない仕上げた。
起きたとき指の動きを確認してもらうと痛みが軽減している。

5回目小児はりを全身におこなえ、素直に受けてくれるように。寝付きがよくなっている。

【6〜7診目】月2回
雰囲気が変わっているのでお母さまに尋ねると、兄妹での本の取り合い、キーキーうるさい声が減り、落ち着きが出ているとのこと。
夜もよく眠れるようになり一旦様子をみたいとのご要望により、ご卒業いただく。

同時に治療した症状 背部痛、バネ指
使用した主なツボ 背部(1)、膝裏、T3(1)R、四枢R

考察

一見どこから手をつけていいか分からない様々な症状も、背中の緊張が誘発していると考えると、解決策は見出だせる。
大人でいうむずむず症候群が子供に常にある状態だとすると、落ち着きがない、寝付きが悪い、イライラしやすいなどの状況も理解できるはずである。