ブログ

子供たちと一緒に、はしゃいできました!

2016-01-20

今朝は、極寒の中、伊丹アスリートクラブの一員として、すずはら幼稚園で親子スポーツ教室を実施致しました。

 

久し振りに、子供と接する機会を頂きましたが、みんな本当に元気ですね。

 

 

1244619E-8E36-49A6-BB9E-F0B418E3FBC2

 

私も最初は寒さの余り、声が出ない・身体が動かないのでは?と少し心配しておりましたが、
子供たちの可愛くて黄色い声に後押しされ、大声を出して共に思い切りはしゃがせてもらいました。

 

チャレンジしてみて出来なかったことは、何度でも挑戦する姿勢。
川渡で鬼にタッチされまいと、決められた枠内を飛び越えてまでゴールしようとするがむしゃらさ。
縄跳びで引っ掛かり、思い切りこけて尻もちをついてもすぐ起き上がる反骨心。
お友達が上手に出来たら、思い切り拍手し、自分が出来たら最大限に喜ぶ素直な気持ち。

 

見習うべき点が沢山ありました。

 

話は変わりますがスポーツ能力としてこの年齢で必要なことは、身体を意図した通りに動かせるよう手・足・体幹を最大限に使い、楽しく自由に伸び伸びと身体を動かす!
楽しく遊ぶ延長線上に何か自分の好きなスポーツややりたい事が自然と見つかっていく。
このスタンスがベストでは?と考えます。

 

その意味ですずはら幼稚園の生徒さん・親御さまは素晴らしいな~と思っていたら、最後、現場の先生や校長先生のお話を聞いて納得致しました。
やはり、指導者は大切です。

 

今日は本当に楽しかったな~久し振りに爽快感のある喉の痛みです。