ブログ

終わり良ければ全て良し?

2015-11-20

先日、名古屋港で開催された「名港水上芸術花火2015≪音楽と花火のマリアージュ≫」に日帰り弾丸ツアーと題して行ってきました。

 

率直な感想は・・凄く良かった。

 

港でおこなわれるため、海に浮かぶ船4台から打ち上がる花火を何も遮るものが無い状態で座って見れる特別感は極上でした。

730ECD5F-0CA5-4AB1-BE26-E4B6368BDF1C

しかし!!
点数をつけるなら80点。

凄く良かったからこそラストの締めに大きな期待をしたのですが残念な「え?終わり?」という幕引き。
周りのお客さんもざわつきます。
もちろん、個人の感性がありますので捉え方は様々ですが、少なくとも半分の人は何か物足りなさを感じていた様子でした。(完全な主観ですが・・)

 

治療にも同じことが置き換えられ施術者側が常に意識する必要があるのが、治療の終わり方。
治療にも起承転結があり、「え?終わり?」という結びをしてしまっていないか、改めて考えさせられる良い機会を頂きました。

 

花火自体は音楽と花火、日本と欧米を融合しコンピューターで花火を演出するという画期的な素晴らしい内容でしたので、来年リベンジしたいと思います!
行かれた方がおられましたら是非「私は100点だよ」などのコメント、よろしくお願いします。

 

「終わり良ければ全て良し」
日本のことわざは確信を突きますね。