どんな症状に鍼灸(はりきゅう)は効果があるの?

鍼灸の適応疾患はHPにも記載通り多岐にわたり、敢えて鍼灸治療の「木を見て森も見る」という点から挙げるとすれば以下の症状に、鍼灸は特に強みがあるのでは?と考えます。

①急性・慢性の肩こり・腰痛五十肩、ムチ打ち、寝違え、腱鞘炎、ぎっくり腰、坐骨神経痛 等

②検査では異常がない様々な自律神経失調症状頭痛、夜眠れない、めまい、冷え性、多汗症 等