診療内容

変形性股関節症

2019-07-22 21.43のイメージ
2019-07-22 21.44のイメージ

あなたはこんな変形性股関節症状で悩んでいませんか?

 

  • 股関節がどんな姿勢をしても耐え難く痛い
  • 痛みが辛すぎて、人工股関節の手術を考えている
  • リハビリ指導を受けるも、痛くて苦痛で仕方がない
  • ジッとしていても、股関節がズキズキ痛い
  • 股関節がキーンと締め付けられるように痛む
  • 痛みによって歩くことがままならず、移動は全てタクシーである
  • 「あなたの股関節はもう治らない」と言われ、身体も心も憔悴しきっている
  • 術後しばらくは経過も良かったが、ここのところ臀部に痛みが出て、暫く歩行ができかねる

これから先ご自分がどうなっていくのか、どうしたら良いのか不安ですよね。
ですが、もう大丈夫です。

 

今この瞬間から変形性股関節症によって、日常に支障をきたしていることの解決に向けて当院ができること、あなたが取り組めること、どんな風にお身体が変化していくことでこの不安から解放されていくのかを、具体的に共有していきます。

 

まずは当院の施術を受けて股関節の症状を改善された喜びの声、症例をご覧ください。

股関節症状でお悩みだった方の声と症例

①少しずつ歩けるようになり、頑張れば戻るかもという思いに変わりました

伊丹市在住 59歳 斎藤由美子さん

pic89

加圧トレーニングに通い始めてしばらくして足の調子がおかしくなり、歩くと痛くなりました。

病院に行くと内転筋の筋膜炎と診断され安静にしておくようにと言われたのですが、どうしても休めないゴルフコンペがあり参加し、途中で歩けなくなりました。

病院で再検査し「あなたの股関節は生まれつき可動域が狭く治らない」と言われ紅露先生を受診しました。
先生が「今まで歩けていたんだから必ず歩けるようになる」と言ってくださり、通っている内に少しずつ歩けるようになってきてもう今までの生活には戻れないと思っていたのが、頑張れば戻るかもという思いに変わりました。

まだ完治はしていませんが少しずつ頑張っていこうと思っています。
先生ありがとうございました。そしてこれからも宜しくお願いします。

※個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

②キーンと締め付けられるような股関節の痛み

伊丹市在住 59歳 斎藤由美子さん

pic91

【症状】
半年前ゴルフのスイングで腰を捻ったときに、両股関節に痛みが出現。
整形外科に行くと[内転筋(太もも内側)の筋膜炎]と診断され、安静にしておくようにと痛み止めを処方される。
一度痛みが緩和するも暫くして股関節の状態が悪化。普段の歩行もままならなくなる。

違う整形外科で再検査すると「あなたの股関節は生まれつき可動域が狭くもう治らない。出来る限り歩かず、節制で体重を落とし負担を減らすしかありません。」と言われ、[骨粗鬆症]の診断を受ける。自分の身体が治らないと言われ大変ショックを受けながら以前肩こりで来院していた当院へ相談。

【施術と経過】
両股関節の付け根(L>R)が痛く、靴下を履く・仰向けで股関節を左右に捻る動作で特に痛みが強い。
最初に股関節を痛めてから半年が経過しているので、痛みをかばって歩く代償動作が脳と身体にインプットされ、ペンギン歩きで少しの距離を歩くだけでも股関節がキーンと締め付けられ痛い。

1診目、代償動作の改善には痛い股関節の付け根を直接アプローチするのではなく、全身の連動(繋がり)を回復させることが必要と考えた。
その中で特に太もも裏、肩甲骨、腰、足の甲などに鍼をおこない、自分の身体が動けるようになっていく経過を確認してもらう。

16診目、2ヶ月間の治療をおこない長時間の歩行以外は日常生活をスムーズに過ごせるようになった。常に身体に力が入った状態も緩和されている。

30診目、さらに半年間の治療で日常生活は問題なく過ごせるように。電車での遠出や海外出張先での歩行移動もできるようになる。半年振りに整形外科で大腿骨の骨密度検査をおこなうと骨量が正常値に回復し医師に驚かれる。
現在は長距離歩行、走れるようになるための施術を継続している。

※症例報告

③2年続いた痛みもほとんど気にならず、スポーツに打ち込めています

宝塚在住 31歳 男性

pic90

2年ほど前から股関節の痛みがあり、色々なところに行きましたが良くなりませんでした。
ネットで色々調べ、紅露養生院を受診しました。

鍼治療は初めてでしたが先生の施術がうまく、痛みもなく治療を受けれました。
詳しく説明もしてくれるので分かりやすいです。

今では痛みもほとんど気にならずスポーツに打ち込めています。
駐車場もあるので、車で通えるのも便利でおススメです。

※個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

いかがですか?

 

あなたの症状がこの方達と同じように改善していくよう、全力でコミットすることをお約束致します。

 

一緒に改善を目指していくためにも、まずはあなたが苦しんでいる変形性股関節症について理解しておく必要があります。

 

変形股関節症とはどういう症状なのか

pic94

 

変形股関節症の主な症状は、関節の痛みと機能障害です。
股関節は鼠径部(脚の付け根)にあるので、最初は立ち上がりや歩き始めに脚の付け根に痛みを感じます。

 

進行するとその痛みが強くなり、持続痛や夜間痛に悩まされることになります。

 

日常に影響する症状で、長い時間立ったり歩いたりすることが辛くなるため、あらゆる生活の場面で支障を来たす、堪え難い症状です。

 

pic95

 

対象の方の多くは女性ですが、原因は「発育性股関節形成不全の後遺症」や「股関節の形成不全」といった子供の時の病気や発育障害の後遺症が主なもので股関節症全体の8割といわれています。

 

ただ特に明らかな原因となる病気を患ったことが無くても、年齢とともに変形性股関節症を発症することも多々あります。

病院や整骨院・整体院での一般的な対処法

変形性股関節症で整形外科や整骨院、整体院に行くと一般的な対処法として、

 

  • 運動療法(ストレッチ、水中運動、ウォーキング)
  • 薬物療法(湿布、塗り薬、坐薬、内服薬などの消炎鎮痛薬)
  • 手術療法(骨切り術、人工股関節手術)

などが挙げられます。

 

大半は股関節の負担を減らすための、運動療法や安静、減量指導で経過をみる形がとられています。

 

ですが変形性股関節症を発症した患者さんで、早期に病院を受診し適切な治療を受けたとしても、症状が改善しないケースがあります。

 

どうして、あなたの変形性股関節症は改善しないのでしょうか。

なぜなら変形性股関節症の本当の原因は、体の構造・性質に潜んでいるからです

「特に肩関節と足関節、骨盤の動きが影響しています」

 

当院では症状の原因を、ストレスや原因不明で片付けません。
どこまでいっても体で起こることには、体の構造・性質上に原因が隠れていると考えます。

 

特に変形性股関節症の方は「股関節の負担を減らして動く」ことが大切です。具体的には「息を止めずに動く」

 

そのために必要なことが、「全身を使って動く」です。「全身をコーディネートする」とも言えます。

 

pic92

 

股関節症候群という症状名から、どうしても股関節にばかり意識が向いてしまいますが、股関節と足関節、肩関節は密接な関係があることを考えると、
背骨〜肩甲骨〜肩関節〜骨盤〜膝関節〜足関節という広い範囲での調整が必要です。

 

このように本来一番目を向けるべき体の構造・性質を無視してしまっていることが、一般的な治療法だけでは対応できないケースがある理由だと考えます。

ではなぜ当院では、変形性股関節症に対応することができるのか?

 

「体の構造・性質に着目し、原因を追求することができるから」

 

当院では体の構造・性質の分析を、身体動作と呼吸という視点からおこなっていきます。
人間が生きるうえで欠かせない要素が、動きと呼吸です。

 

変形性股関節症が悪化する要因は、体全体を使わずに、股関節だけを動かしてしまっていることにあります。

 

pic93

 

薬物療法や手術を受けて股関節の位置を納めたとしても、股関節に負担をかける体の動き自体は変わっていないので、「術後股関節の痛みは取れたが、今度は違う場所が同じぐらい痛む」となるケースがあります。

 

当院では実際に変形性股関節症の原因となる、骨盤の動き(お尻を自然に引く)や肩関節、足関節の緊張など広い範囲を診ながらお体全体を使って股関節が楽に動かせるよう、施術をおこないます。

 

股関節の動きを制限している、背骨やお尻、足首のコリに対してはりを施すことで体全体が解放され、股関節が本来の動きを取り戻す後押しができる。

 

変形性股関節症の要因は、こうした離れた部分の不具合を最終的に請け負っている可能性があるのです。

 

pic68

 

であれば、元になっている不具合を解決させることで股関節の負担を減らすことができると考えます。

 

股関節が動かしにくくなる原因に対して、ピンポイントにアプローチをすることで股関節の動きが良くなり、辛い日常から解放されていく。

 

この現象を日々の臨床で経験している私たち鍼灸師は、原因を股関節だけに求めず、体全体を見渡すことを心がけています。

 

さらに今後再発しないために必要なことを学びたいと思えば、呼吸法レッスンでご自分で股関節のコンディションを管理できるところまでをサポートしていく。

 

これらが当院で、変形性股関節症に自信を持って対応できる理由です。

施術料金のご案内

 

 

ここまで読んでくださりありがとうございます。
御礼の意味を込めまして、特典をご用意致しました。
(初診料をネット・LINE・電話予約問わず、共に1,000円引き)

 

pricebanner

 

IMG_4577

 

IMG_4578

当院が選ばれている5つの理由

 

1原因不明の症状を得意とする、はり専門院

98904cfa23d104061d458b3b62b974fc_m

その中でも特に頭痛、突発性難聴・耳鳴り、胃腸障害を専門とし、技術の証明は日々の症例・患者様の声として公開しています。
「なぜ良くならないのか?」の理由がわかる。はり専門院にしかできない施術があります。

 

2少ない鍼で結果を出す、安全でやさしい施術

IMG_1437
当院が患者さんに対して用いる鍼の本数は少なく、平均3〜6本。初めての方が選ぶ、安全でやさしい施術です。
少しのきっかけで、お身体が変わることを体感してください。

 

3症状という結果ではなく、その原因を見極める施術

343AF650-B884-4ED7-9EAC-BE3CDBF2D1A9
病気をみるより、症状を追いかけていくことよりも、あなたのお身体を診ることが、結果的に症状、所見、つまり病気の改善に繋がります。
根本治療の本当の意味がわかる場所です。

 

4ミリ単位でツボの位置を調整する高い技術

26D4BEAE-AC34-4115-994C-E1A1A1A73358
信頼できる技術の裏付けとして最も必要な要素が、変化・効果の再現性だと考えています。
再現性を担保できるのは、ツボの位置をミリ単位で明確に設定して、そこに鍼を施せるからであり、あなたにとって大きな安心感となるはずです。

 

5施術と養生を自由に選択できる場所

C565E91B-7291-432B-860A-C4432B3A30C6
不調を訴える症状の原因が、生活習慣や日々の在り様に起因するのであれば、そこまでサポートしていく。
人として生きるうえで必要な、呼吸、立つ、座る、歩く、意識、動き方、そういうところまでを体得できる場所です。

施術料金のご案内

 

 

ここまで読んでくださりありがとうございます。

御礼の意味を込めまして、特典をご用意致しました。
(LINE・ネット予約の方限定で、初診料1,000円引き)

 

 

IMG_4577

 

IMG_4578
変形性股関節症に苦しむあなたへ

 

“「私、変われるんだ」と期待を抱ける”
一歩先のあなたの未来を明るく照らします

 

EA2E0CBB-3DE4-4A4E-8CE2-BC09061918F0

 

最後まで読み進めてくださり、ありがとうございます。
院長の紅露 啓太郎(こうろ けいたろう)と申します。

 

とにかく足の付け根が痛すぎて、日常生活がままならない状態で過ごす毎日。お辛いですよね。
どうしたら良いか分からない。今後の先行きがとても不安ではないでしょうか。

 

当院ではあらゆる引き出しを使ってまずは「変化した」「楽になった」実感を得てもらえる施術にコミットしています。

 

一歩でも前進できれば人は前向きになれます。
「私、治るんだ」と期待を抱ける。

 

まだ見えぬ先の未来ではなく、一歩先のあなたが進むべき道筋を明確に照らしていきたい。
そんな想いで日々臨床に取り組んでいます。

 

あなたの症状が快方に向かうために一番大切なことは、「現状、ご自分のお身体がどうなっているのか」を、あなた自身が把握できていることです。

 

過去に捉われず、後悔に苛まれることなく、今を生きながら未来に臨む。

 

そのために毎回、あなたの現状がどうなっているのか、私の見解を共有していきます。

 

それに対して今必要なこと、今日から取り組んでいったらいいこと。
取り組んだことで、お身体がどう変わっていくかの具体的なビジョン。

 

一歩先の、遠くないあなたの未来を照らし続けます。

 

体の構造・性質の分析を身体動作と呼吸という視点からおこない、生活習慣までをサポートできる体制を整えているのはそのためです。

 

症状や病気だけでなく、あなたに全力でコミットすることをお約束致します。

 

紅露養生院 院長 紅露 啓太郎