診療内容

頭痛

2019-07-17 10.39のイメージ
2019-07-17 10.34のイメージ

あなたはこんな頭痛症状で悩んでいませんか?

 

  • 脳の精密検査を受けても異常がないのに、長年頭痛に悩まされている
  • 頭痛が起こると痛み止めを服用することが、当たり前になっている
  • 雨が降った日や飲酒後、めまい・吐き気を伴うズキズキした頭痛が起きやすい
  • 頭痛がひどくなると、吐き気がして立っていられなくなる
  • 朝起きたときからガンガン痛む頭痛が不定期に起こり、毎日不安である
  • 片頭痛持ちで、ひどい時は起き上がれず家事もできない
  • 色々な薬を試し、頭痛外来に行っても改善せず、どうすればいいか分からない
  • 頭痛は治るものではなく一生付き合っていくものと諦めている

これから先ご自分がどうなっていくのか、どうしたら良いのか不安ですよね。
ですが、もう大丈夫です。

 

今この瞬間から頭痛によって、日常に支障をきたしていることの解決に向けて当院ができること、あなたが取り組めること、どんな風にお身体が変化していくことでこの不安から解放されていくのかを、具体的に共有していきます。

 

まずは当院の施術を受けて頭痛を改善された喜びの声、症例をご覧ください。

頭痛症状でお悩みだった患者様の声

①こんなに早く治るとは思わなかったです

宝塚市在住 31歳 男性

AB327A40-CF57-456A-BBB1-C53034D8D51D

長年頭痛に悩まされていました。
多い時は週に2~3回、少なくても週1回はなるので頭痛薬が手放せない状態でした。
病院に行き脳の精密検査を受けたりもしましたが異常はなく、生活習慣が原因ではないか?との診断で治療方法も見つからず諦めていました。
紅露先生にお会いし、現在2度の治療を受けましたが、多かった頭痛がかなり減り、今では月1回程度でかなりびっくりしています。
「頭痛は治るものではなく一生付き合っていかなければならないもの」と覚悟していましたが、こんなに早く治るとは思わなかったです。
とても居心地のよい医院でまた違和感を感じたときに通わせて頂こうと思います。

※個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

②はりきゅうの素晴らしさを感じています

宝塚市 62歳 女性

exe3

今まで整体など数々の治療を受けてきましたが、先生に出会って治療して頂くことができ、本当に良かったです。
私は年齢60を過ぎて色々な症状が出てきて、特に職業的に首・肩・頭にかけての痛み、腰から足にかけての坐骨の痛さも加え、時々胃が痛くなるなど身体のバランスを取るのが自分でも難しく、そのときに紅露先生に施術して頂くと不思議と身体全体が気持ちよく痛みも引いていきます。
術後は身体の動きも楽で嬉しくなります。
母と共にお願いしていますが母の足の痛みも消えて喜んでおります。
いつも先生には呼吸を教えて頂いてなるべく心掛けるようにしています。
先生の治療の不思議さを感じています。それと同時にはりきゅうの素晴らしさも感じています。

※個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

③ズキズキと痛むコメカミ頭痛

川辺郡猪名川町在住 41歳 女性

head4

【症状】
元々慢性肩こり症で悩んでいた。
加えてここ1ヶ月間はコメカミ頭痛が頻繁に起こるように。ぐるぐる回るめまいもサイクルを繰り返し、仕事に支障をきたすようになった。
以前鍼灸を受けた経験から、今回の症状はマッサージよりも鍼灸施術の方が良いと考え、「鍼 宝塚」と検索をかけ見つけた当院へ来院。

【施術と経過】
年中ガチガチなんです」という言葉通りのお身体だったので、肩全体の緊張を取る目的で、お尻のツボに鍼をおこなう。
肩全体の緊張緩和を確認後、全身の緊張緩和、子宮循環の回復を目的に手足のツボに鍼をおこなった。
最後にめまいの原因となるうなじの緊張を、足首のツボを使い仕上げた。

2日後の2診目、頭痛がなくなりめまいの頻度も減る。肩〜首にかけてのコリ感は残る。
首の動きにも変化が見られていたので、うなじの緊張をさらに緩和させる目的で、両側仙骨のツボに鍼をおこなう。

3診目、仕事が忙しく昨日は朝から頭がフラフラするめまいと共に胃がキリキリした感覚。
4診目、めまい・胃痛が共に緩和。食欲回復まではあと少し。コメカミ頭痛が再発するも、首の可動域は大幅に広がっている。
6診目、頭痛・めまいが消失。朝起きたときの胃痛が残る。
8診目、年内最後の施術時、しつこい胃痛も緩和したため、施術をご卒業頂く。

※症例報告。

いかがですか?

あなたの症状がこの方達と同じように改善していくよう、全力でコミットすることをお約束致します。

一緒に改善を目指していくためにも、まずはあなたが苦しんでいるめまい症状について理解しておく必要があります。

 

頭痛とはどういう症状なのか

 

pic18

 

一般的に機能性頭痛(慢性頭痛)は3つに分類されます

 

  • 緊張性頭痛:肩こりや首こりに代表される筋肉性の痛み(80%)
  • 偏頭痛(血管性頭痛):脈を打つように「ズキンズキン」と痛むのが特徴(19%)
  • 群発性頭痛:片側の目の奥をえぐられる様な激しい痛みが特徴(1%)

 

私たちが頭痛と呼んでいるものはほとんどが、緊張性頭痛か偏頭痛あるいは両者の特徴を兼ね備えた混合性頭痛となります。
ここから分かるのは80%の頭痛が肩こり治療で治るということです。

 

肩こり治療は簡単ではありませんが、肩こりに的確に対応できれば頭痛の80%が改善していく事実は、慢性頭痛で薬が手放せない患者さんには朗報です。

 

まとめて肩こり治療といっても、痛む部位や動作・時間帯・季節など原因はお一人お一人異なり、この原因に迫っていくことがはり施術の本質です。

 

肩こりは骨格的な面でも内臓の不調でも起こりえます。
内臓からの影響も考慮しながら原因を追及する頭痛治療は、総合治療であるといえるでしょう。

病院や整骨院・整体院での一般的な対処法

 

頭痛症状で神経内科や脳神経外科、心療内科に行くと一般的な対処法は薬物療法が中心です。

 

  • 薬物療法(トリプタン製剤、鎮痛薬、NSAIDs、筋弛緩薬、抗うつ薬、大建中湯など)

 

大半は内服薬で経過を診る形がとられています。
ですが頭痛症状は、病院を受診し適切な治療を受けたとしても、症状が長期間に渡り改善しないケースが多々あります。

 

どうして、あなたの頭痛症状は服薬やカウンセリングを継続しても改善しないのでしょうか。

 

なぜなら頭痛の本当の原因は、体の構造・性質に潜んでいるからです

 

「特に肩こり、首こり、手足末端の力み癖が影響しています」

 

当院では症状の原因を、ストレスや原因不明で片付けません。
どこまでいっても体で起こることには、体の構造・性質上に原因が隠れていると考えます。

 

前述したように頭痛の80%が肩こり、首こりによって引き起こされていると考えます。

 

ひと口に「肩こり、首こり」と言っても、実はコリの部位によって細かく原因を分けることができます。
どの部位のこりによって頭痛が引き起こされているのか、そこまで追求しなければ真に頭痛を解消することはできません。

 

pic19

 

当院では、症状のある頭や首に鍼をすることはほとんどありません。痛みのあるところを直接アプローチするのではなく、肩や首がこってしまう原因へのアプローチを行う鍼灸術(整動鍼)を採用しています。

 

手足、腰、お尻など骨格筋肉の影響はもちろん、内臓の不調も考慮します。

pic20

このように本来頭痛の根本解決には、全身を診ることが必須であり、一番目を向けるべき体の構造・性質を無視してしまっていることが、一般的な治療法だけでは改善できない大きな理由だと考えます。

 

ではなぜ当院では、頭痛に対応することができるのか?

 

「体の構造・性質に着目し、原因を追求することができるから」

 

当院では体の構造・性質の分析を、身体動作と呼吸という視点からおこなっていきます。
人間が生きるうえで欠かせない要素が、動きと呼吸です。

 

肩こり、首こりがある方の共通点は、首や肩関節の可動域に制限が掛かっている。
つまり、伸びやかに体を動かせていないことが挙げられます。

 

もう一つは、必ずと言って良いほど呼吸が浅くなっています。
呼吸が浅くなる理由は様々ですが、人として生きる以上、動きと呼吸は切っても切り離せない関係です。

 

当院では頭痛に的確に対応するために、「動きと呼吸の質を高めていく」施術を、方針の主体としています。

 

どこまでいってもアプローチするのは、体から。

 

身体動作と呼吸という視点から施術をおこない、日常の体の使い方や呼吸の質までをサポートできる当院だからこそ、あなたの根深い頭痛症状に対しても、自信を持って対応できるといえます。

 

IMG_4447

 

身体動作や呼吸の質が変わることで、体の下地が整っていけば、今飲んでいるお薬の作用も最大限引き出せるでしょう。
お薬を減らしていく過程で、どうしても辛くなったときにしっかりお薬が効くお体になっていれば、安心感が担保されます。

 

その安心感がまた、相乗効果としてお体が快方に向かう大きな後押しとなるはずです。

 

当院が頭痛症状に対して、自信を持って対応できる理由がここにあります。


その結果、多くの頭痛症状でお悩みの方のお力添えをさせて頂くことができました。

 

④締め付けられるように重痛い

伊丹市在住 40歳 女性

head4

【症状】
10年前の2人目出産後から、頭痛と胃痛が頻繁に続くようになる。
季節によって出る頻度が変わり特に夏は毎年寝込んでしまう程、頭が痛い。
今年も1ヶ月前から毎日頭痛が続くようになり、胃薬と頭痛薬、安定剤のセルシン錠を服用していた。
そんなとき息子が通う接骨院の先生に当院を勧められる。
効果があると言われる、あらゆる治療を試してきたが、はり治療は受けたことがないのでこれを機に来院。

【施術と経過】
背中の緊張、お腹のバランスを整えることを施術の方針とした。
頭に鍼をおこなうことで、お腹・首回りの緊張が緩和。膝裏のツボに鍼をすることで、腰〜背中〜首が緩まる。
最後に手足のツボで、胃の緊張・下腹部の硬さの緩和を確認して仕上げた。
施術後、久しぶりに頭と胃がスッキリした感覚を得てもらう。

2診目、前回施術翌日から発熱+下痢。その後、左首の筋が突っ張る。身体が治っていくための反応とお伝えする。
うなじの緊張を緩和させるため、仙骨のツボを使うことで緩んだ感覚を共有。
3診目、頭痛消失によって頭痛薬の服用をストップ。首のコリと胃のシクシクが残る。
6診目、毎食後飲んでいた胃薬を忘れることが増えた。(3→1回/日)
8診目、5年続けて寝込んでいた夏だったが、今年は薬の服用を必要としなくなり寝込まずに過ごすことができた。

他にも症状が残っているので、引き続き隔週で施術を続ける予定である。

※症例報告。

⑤目の奥がジーンと刺すように痛い

伊丹市在住 37歳 男性
head3

【症状】
仕事柄、長時間のPC作業で目をよく使う。仕事を始めて3年後頭痛との付き合いが始まり、痛くなれば市販薬のロキソニンを服用するという癖がついている。
疲れが溜まったとき、雨が降ったときに出やすく、目の奥がジーンと刺すように痛くなる。
1ヶ月前から頭痛の頻度が高くなり、ここ1週間は目を瞑っていても痛みが取れず、睡眠不足が続いている。
同時にロキソニンを飲む頻度が上がった影響からか、便秘症状を伴うように。
病院嫌いでマッサージしか受けたことがなかったが、痛みが取れず奥様が当院患者さんだった経緯もあり来院。

【施術と経過】
首を傾ける動きが極端に悪いこと、胃腸の冷えによる便秘症状が原因と考えた。
お腹と後頭部の緊張を取る目的で、頭のツボに鍼をおこなう。
ストレスによる背中の緊張も強く、両膝裏とお尻のツボをつかって後頭部まで緩める。
お腹を確認後、胃と下腹部の緊張に対して手足のツボに鍼をおこない仕上げた。

2診目、雨の日に頭痛が出なかった。
2〜3日経つと肩がこるように感じたが、頭痛はなし。
便秘は変わらず。
3診目、お通じが快便に。頭痛も引き続き緩和されており、睡眠を取れるようになったことからご卒業頂く。


※症例報告。

⑥モヤモヤとした頭頂部痛

川西市在住 41歳 男性

head6

【症状】
長年頭痛持ちだが年明けから頻度が上がり、締め付けられるような頭痛が左側頭部~後頭部にかけて続くようになる。頭頂部にはモヤモヤが続き、「頭に異常があるのでは」と思い脳神経外科でMRIを撮ってもらうも「異常なし。」
頭痛薬を処方されるが痛みは治まらなかった。1週間前からお仕事が多忙になるとさらに症状が悪化。
身内で鍼灸によって頭痛が治ったことを聞き、HPを見て来院。

【施術と経過】
左側の頭痛が強いことから関連する筋肉を触診すると特徴的な緊張がみられた。
ふくらはぎのツボを使い緊張の軽減を確認後、背中に鍼を追加したことで後頭部痛が「ストンと軽くなった感じ。」
次に首を緩める手足のツボに鍼をおこなうと側頭部痛は軽減。最後に背中のツボに鍼を加えて仕上げた。
側頭部痛は少し残るが、緊張の軽減、首の可動域の広がりを確認できたので施術を終えた。

2診目、我慢できない頭痛がなくなり、側頭部痛が少し残る。
痛みは10→3まで軽減し、入眠がしやすくなったことで朝方の頭痛も楽だった。
首を右に傾けた時に左首に緊張が残るため、手に鍼をすると可動域が倍に広がり、側頭部痛も消失。
3診目、ぐっすり睡眠がとれるようになり、頭痛も大雨で気温が一気に冷え込んだ日の数時間だった。首を触診すると左右の緊張が逆転している。肩首の緊張を調整することで状態は安定。
5診目、施術を隔週に広げると頭痛が途切れ途切れにあったが、薬は飲んでいない。可動域や首・肩の緊張に左右差はみられない。
しばらく経過観察が必要と考え、半年間隔週で来院いただきご卒業いただく。

※症例報告

施術料金のご案内

 

price

 

ここまで読んでくださりありがとうございます。

御礼の意味を込めまして、特典をご用意致しました。
(初診料をネット・LINE・電話予約問わず、共に1,000円引き)

 

IMG_5820

 

IMG_4577

 

IMG_4578

当院が選ばれている5つの理由

 

1原因不明の症状を得意とする、はり専門院

98904cfa23d104061d458b3b62b974fc_m
その中でも特に頭痛、突発性難聴・耳鳴り、胃腸症状を得意とし、技術の証明は日々の症例・患者様の声として公開しています。はり専門院にしかできない施術があります。

 

2少ない鍼で結果を出す、安全でやさしい施術

IMG_1437
当院が患者さんに対して用いる鍼の本数は少なく、平均3〜6本。初めての方が選ぶ、安全でやさしい施術です。
少しのきっかけで、お身体が確実に変化することを体感してください。

 

3症状という結果ではなく、その原因を見極める施術

343AF650-B884-4ED7-9EAC-BE3CDBF2D1A9
病気をみるより、症状を追いかけていくことよりも、あなたのお身体を診ることが、結果的に症状、所見、つまり病気の改善に繋がると考えています。

 

4ミリ単位でツボの位置を調整する高い技術

26D4BEAE-AC34-4115-994C-E1A1A1A73358

信頼できる技術の裏付けとして最も必要な要素が、変化・効果の再現性だと考えています。
再現性を担保できるのはツボの位置をミリ単位で明確に設定して、そこに鍼を施せるからであり、患者さんにとっては大きな安心感となるはずです。

 

5施術して終わりではなく、日常の体の使い方までサポート

C565E91B-7291-432B-860A-C4432B3A30C6

不調を訴える症状の原因が、生活習慣や日々の在り様に起因するのであれば、そこまでサポートする。
そのために人間として生きるうえで必要な、呼吸、立つ、座る、歩く、意識、動き方、そういうところまでお伝えしていきます。

施術料金のご案内

 

price

 

ここまで読んでくださりありがとうございます。
御礼の意味を込めまして、特典をご用意致しました。
(初診料をネット・LINE・電話予約問わず、共に1,000円引き)

 

IMG_5820

 

IMG_4577

 

IMG_4578
頭痛症状に苦しむあなたへ

 

“「私、治るんだ」と期待を抱ける”
一歩先のあなたの未来を明るく照らします

 

EA2E0CBB-3DE4-4A4E-8CE2-BC09061918F0

 

最後まで読み進めてくださり、ありがとうございます。
院長の紅露 啓太郎(こうろ けいたろう)と申します。

 

いつ頭痛や吐き気が起こるか分からない中で過ごす毎日。お辛いですよね。
どうしたら良いか分からない。今後の先行きがとても不安ではないでしょうか。

 

当院ではあらゆる引き出しを使ってまずは「効いた」「変化した」実感を得てもらえる施術にコミットしています。

 

一歩でも前進できれば人は前向きになれます。
「私、治るんだ」と期待を抱ける。

 

先の見えない不安が、希望に変わるきっかけを当院で得てもらいたい。
そんな想いで日々臨床に取り組んでいます。

 

あなたの症状が良くなっていくために一番大切なことは、「現状のご自分のお身体がどうなっているのか」を、あなた自身が把握できていることです。

 

過去に捉われず、後悔に苛まれることなく、今を生きて、今できることに淡々と取り組んでいく。

 

そのために毎回、あなたの現状がどうなっているのか、私の見解を共有していきます。

 

それに対して今必要なこと、今日から取り組んでいったらいいこと。
取り組んだことで、お身体がどう変わっていくかの具体的なビジョン。

 

一歩先の、遠くないあなたの未来を照らし続けます。

 

体の構造・性質の分析を身体動作と呼吸という視点からおこない、生活習慣までをサポートできる体制を整えているのはそのためです。

 

「あの辛い症状を経験したからこそ、今の自分がある。」
近い将来こう言ってもらえるよう、症状や病気だけでなく、あなたに全力でコミットすることをお約束致します。

 

紅露養生院 院長 紅露 啓太郎