診療内容

ばね指

2019-07-22 21.37のイメージ
2019-07-22 21.37のイメージ (1)

あなたはこんなばね指症状で悩んでいませんか?

 

  • 指がカクカクして痺れ痛い
  • 朝起きたら必ずどこかの指が固まっている
  • 寒くなると指の引っ掛かりが悪化する
  • ステロイド注射も効果がみられず、次に痛みが出たら手術といわれている
  • 注射で痛みが緩和しても、また痛くなるのを繰り返している
  • 手術後も痛みがあり、日常生活に支障をきたしている

これから先ご自分がどうなっていくのか、どうしたら良いのか不安ですよね。
ですが、もう大丈夫です。

 

今この瞬間からばね指によって、日常に支障をきたしていることの解決に向けて当院ができること、あなたが取り組めること、どんな風にお身体が変化していくことでこの不安から解放されていくのかを、具体的に共有していきます。

 

まずは当院の施術を受けて手の症状を改善された喜びの声、症例をご覧ください。

手の症状でお悩みだった患者様の声

①体は全体が密接に連携していることを教わりました。

宝塚市在住 62歳 女性

長年の使用に耐えかねてか、左手親指にバネ指発症。

使わず様子をみる→注射→手術…
と、病院でひと通りの説明を受けましたが漠然と「体の使い方が間違っているかも…」と
アテもなくネット上をウロウロしていて紅露養生院に行き当たりました。

礼儀正しく、丁寧な先生です。勉強家で治療も的確です。

「末端のトラブルは複雑なんです、関門が多いので〜」と
経路に起こる滞りが末端に問題を起こす、と当たり前のことですが、体は全体が密接に連携していることを教わりました。

治療に加え力まない体の使い方や呼吸法なども盛り込んでいただきながら、バネ指はいつしか「そんなこともあったよね〜」となり、ついでに不快な動悸や耳のつまりなどもほぼ感じなくなりました。

気付けば心と体の状態を意識する日常が増え、思い込みがじわじわと外れ、微量な進化を勝手に感じながらの楽しい養生院通いです。

※個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

②先生の鍼の施術はこれまであちこちで試してきた療法と違います。

西宮市在住 50歳 女性

ばね指(腱鞘炎)で病院や整体院などいろいろ回って見たのですが、自分自身で納得できる気持ちになれずにいたところ、先生にお会いすることができました。

先生の鍼の施術はこれまであちこちで試してきた療法と違い、患部一点ではなく、患部に関わる身体のトータルバランス面からアプローチしていただいています。

診ていただいたあとは身体も気持ちも前向きになります。

約半年間通うなかで身体の使い方、自分を大事にする大切さを実感しながら過ごせるようになった気がします。

※個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

③職業病の右手痛も随分楽になり、不安なく運動が出来るようになりました。

川西市在住 55歳 女性

pic62

紅露養生院に通うきっかけは、整骨院で治療を受けていたものの内容に不安を抱いていて・・
あるジムでお話しする機会があり診て頂く事にしました。

その時の体の状態に合わせ、毎回違う所に鍼を打たれ微妙な違いを感じ取られ、その後今の状態をしっかりと説明して下さいます。
職業病でもある右手・右足の痛みも鍼灸で随分楽になり、不安なく運動も出来る様になりました。
骨盤の歪みやお腹の調子まで体全体を診て調整して頂けます。

これまで治療を受けてきて学んだ事は、自分の体の事を自分が知らないのだと。
ゆったりとした中の治療で精神的にも癒され本当に感謝しています。
これからも体のメンテナンス、宜しくお願い致します。

※個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

いかがですか?

 

あなたの症状がこの方達と同じように改善していくよう、全力でコミットすることをお約束致します。

 

一緒に改善を目指していくためにも、まずはあなたが苦しんでいるばね指について理解しておく必要があります。

 

ばね指とはどういう症状なのか

pic63

 

ばね指とは手の腱や腱鞘の炎症によって、手の指が曲がったまま動かなくなる状態です。

 

指の使いすぎによる負荷のため、動かすたびに腱と腱鞘の間に摩擦が生じて炎症が進み、腱鞘が肥厚したり、腱が肥大し、通過障害を起こすために一層症状が悪化します。

pic65

 

「腱鞘炎」がさらに進行してしまった状態が「ばね指」と覚えてください。

病院や整骨院・整体院での一般的な対処法

ばね指症状で整形外科や整骨院、整体院に行くと一般的な対処法として、

 

  • 腱鞘内ステロイド注射(トリアムシノロン)
  • 手術療法
  • 保存療法(安静、投薬、超音波治療、マッサージ、理学療法など)

などが挙げられます。

 

大半はばね指に有効とされる、腱鞘内ステロイド注射で症状を抑えて経過をみる形が取られています。

 

ですがばね指を発症した患者さんで、早期に病院を受診し適切な治療を受けたとしても、症状が改善しないケースがあります。

 

どうして、あなたのばね指症状は改善しないのでしょうか。

なぜならばね指の本当の原因は、体の構造・性質に潜んでいるからです

「特に背中の緊張と、肩甲骨の動きが影響しています」

 

当院では症状の原因を、ストレスや原因不明で片付けません。
どこまでいっても体で起こることには、体の構造・性質上に原因が隠れていると考えます。

 

ばね指を改善するためには、背中の緊張(特にピンポイントでの背骨の捻れ)、肩甲骨の動きを改善することがポイントです。

 

DBC953C6-99A0-4CF8-A928-B139A0C9927F

 

ばね指という症状名から、どうしても指ばかりに意識が向いてしまいますが、指は背骨から動いていることを考えると、
背骨〜肩甲骨〜肩関節〜上腕〜前腕〜指という広い範囲での調整が必要です。

 

このように本来一番目を向けるべき体の構造・性質を無視してしまっていることが、一般的な治療法だけでは改善できないケースがある理由だと考えます。

ではなぜ当院では、ばね指に対応することができるのか?

 

「体の構造・性質に着目し、原因を追求することができるから」

 

当院では体の構造・性質の分析を、身体動作と呼吸という視点からおこなっていきます。
人間が生きるうえで欠かせない要素が、動きと呼吸です。

 

腱鞘炎からばね指に進行してしまう一番の要因は、小手先の動きで指を動かしてしまっていることにあります。

 

ステロイド注射や手術を受けて局所の痛みが緩和したとしても、局所に負担をかける体の動き自体は変わっていないので、再発しやすいのは容易に想像できます。

 

当院では実際にばね指の原因となる、背骨の捻れや肩甲骨の動きの低下、手足の緊張など広い範囲を診ながらお体全体を使って指を動かせるよう、施術をおこないます。

 

指の動きを制限している、背骨や肩甲骨周囲のコリに対してはりを施すことで指は自然と動かしやすくなります。

 

ばね指の要因は、こうした離れた部分の不具合を最終的に請け負っている可能性があるのです。

 

pic60

 

であれば、元になっている不具合を解決させることで指の負担を減らすことができると考えます。

 

指が動かしにくくなる原因に対して、ピンポイントにアプローチをすることで指の動きが良くなり、引っかかりや違和感がなくなる。

 

この現象を日々の臨床で経験している私たち鍼灸師は、原因を指だけに求めず、体全体を見渡すことを心がけています。

 

さらに今後再発しないために必要なことを学びたいと思えば、呼吸法レッスンでご自分で管理できるところまでをサポートしていく。

 

これらが当院で、ばね指に自信を持って対応できる理由です。

施術料金のご案内

 

 

より細かく自分の身体の癖を知りたい、今置かれている現状を自分でもしっかりと把握した上で、施術に臨みたい方に向けたトータルチェックメニューも選択可能です。(約90分)

 

※初回通常約60分。はり治療の内容は同じです。

 

 

ここまで読んでくださりありがとうございます。
御礼の意味を込めまして、特典をご用意致しました。
(LINE・ネット予約の方限定で、初診料1,000円引き)

 

 

 

IMG_4578

当院が選ばれている5つの理由

 

1原因不明の症状を得意とする、鍼治療専門院

98904cfa23d104061d458b3b62b974fc_m
その中でも特に頭痛、突発性難聴・耳鳴り、胃腸障害を専門とし、技術の証明は日々の症例・患者様の声として公開しています。
「なぜ良くならないのか?」の理由がわかる。鍼治療を専門とした当院にしかできない施術があります。

 

2少ない鍼で結果を出す、安全でやさしい施術

IMG_1437
当院が患者さんに対して用いる鍼の本数は少なく、平均3〜6本。初めての方が選ぶ、安全でやさしい施術です。
少しのきっかけで、身体が着実に変化していくことを体感してください。

 

3症状という結果ではなく、その原因を見極める施術


病気をみる、症状を追いかけていくよりも、あなたの身体を診ることが結果的に症状・所見、つまり病気の改善に繋がります。
根本治療の本当の意味がわかる場所です。

 

4ミリ単位でツボの位置を調整する高い技術


信頼できる技術の裏付けとして最も必要な要素が、変化・効果の再現性だと考えています。
再現性を担保できるのは、ツボの位置をミリ単位で明確に設定してそこに鍼を施せるからであり、あなたにとって大きな安心感となるはずです。

 

5治療と養生を自由に選択できる場所


不調を訴える症状の原因が生活習慣や日々の在り様に起因するのであれば、そこまでサポートしていく。
人として生きるうえで必要な呼吸、立つ、座る、歩く、意識、動き方、そういうところまでを体得できる場所です。

施術料金のご案内

 

 

トータルチェックは、通常の診療でこちらが把握していることを、自分の頭でもきちんと整理し、理解をして、一つの方向性を定めた状態で、施術を受けたい方に向けたオプションメニューです。(約90分)

 

※初回通常約60分。はり治療の内容は同じです。

 

 

 

 

IMG_4578
ばね指症状に苦しむあなたへ

 

“「私、治るんだ」と期待を抱ける”
一歩先のあなたの未来を明るく照らします

 

EA2E0CBB-3DE4-4A4E-8CE2-BC09061918F0

 

最後まで読み進めてくださり、ありがとうございます。
院長の紅露 啓太郎(こうろ けいたろう)と申します。

 

指がカクカクして痺れ痛い、注射で痛みが緩和しても、また痛くなるのを繰り返している状態。お辛いですよね。
どうしたら良いか分からない。今後の先行きがとても不安ではないでしょうか。

 

当院ではあらゆる引き出しを使ってまずは「変化した」「楽になった」実感を得てもらえる施術にコミットしています。

 

一歩でも前進できれば人は前向きになれ、「私、治るんだ」と期待を抱ける。

 

まだ見えぬ先の未来ではなく、一歩先のあなたが進むべき道筋を明確に照らしていきたい。
そんな想いで日々臨床に取り組んでいます。

 

あなたの症状が快方に向かうために一番大切なことは、現状自分の身体がどうなっているのかを、あなた自身が把握できていることです。

 

過去に捉われず、後悔に苛まれることなく、今を生きながら未来に臨む。

 

そのために毎回、あなたの現状がどうなっているのか、私の見解を共有していきます。

 

それに対して今必要なこと、今日から取り組んでいったらいいこと。
取り組んだことで、身体がどう変わっていくかの具体的なビジョン。

 

一歩先の、遠くないあなたの未来を照らし続けます。

 

体の構造・性質の分析を身体動作と呼吸という視点からおこない、生活習慣までをサポートできる体制を整えているのはそのためです。

 

症状や病気だけでなく、あなたに全力でコミットすることをお約束致します。

 

紅露養生院 院長 紅露 啓太郎